意外と知らない給付金

対象者が多いにも関わらず、意外と知られていない給付金は数多く存在します。例えば、このような給付金は意外と知られていないことが多いので、対象者の場合は申請を行うことをオススメします。

まず、仕事に関しての給付金で意外と知られていないのが、退職をした際に、一定条件を満たしている場合に給付される、失業給付金です。退職をした日から換算して、その前一年間、雇用保険加入期間が6か月以上ある方が対象となるのですが、すぐに転職をしないという場合、無職の期間などに利用するべき給付金であるにも関わらず、存在が知られておらず、無職期間に貯蓄を切り崩して生活をするという方は少なくありません。

B型肝炎次に、高額の医療費用を負担してくれる給付金制度である、高額療養費制度です。健康保険や国民健康保険などの被保険者を対象としている給付金制度なのですが、医療費の負担額が一定金額を超えた場合、負担分が返金されるという制度です。病気やケガによって高額の医療費が発生した場合に利用するべき制度なのですが、病院からのアナウンスが無い場合、知らないまま治療費を払い続けていたという方も多いので、こちらも事前に把握しておくべき給付金制度だと言えるでしょう。

他にも大きな事例としていうと、B型肝炎と給付金についてです。昭和23年に予防接種が施工され、集団予防接種を受けるように強制されました。その時、注射器の使いまわしの原因によりB型肝炎ウイルスへ感染された方が40数万人以上ともいます。感染被害の方が、国に責任を追及する訴訟を起し、損害賠償責任を認める最高裁判所判決を勝ち取りました。認定要件や金額などを取り決めている基本合意が成立、弁護士を間にたて、国へと訴訟をすれば給付金を貰うことができます